女性

給与計算を代行業者に依頼して大幅なコストカットを実現

負担を軽減できる

PC

ストレスチェックと面接・指導を実施することが法律で義務付けられています。スタッフが50人未満の企業では、当面の間は努力義務となりますが、50人以上が働く企業では、毎年1回の頻度で必ず行う必要があるのです。どのようなかたちでストレスチェックを行うかは、企業が自由に選ぶことができます。調査では、仕事のストレスの原因や、精神及び身体のストレス反応、サポート体制などの項目によって、ストレス具合を測っていきます。働くスタッフへ定期的にストレスチェックをすることで、職場環境の改善を期待することができます。ストレスが高いと判断されたスタッフは、医師による面接・指導を受けることができます。医師の専門的なアドバイスを受けることで、ストレス緩和を目的に業務の見直しなどをおこなっていくのです。しかし、通常業務でも手一杯の企業にとっては、ストレスチェックを行うことで、担当者の負担をさらに増やしてしまうジレンマを抱えてしまうでしょう。そこで、ストレスチェックをアウトソーシング化して、スタッフの負担を軽減していくことをおすすめします。最近では、WEBで気楽に使用できるようなアウトソーシングサービスも登場しています。スタッフのメンタル面の問題は、なかなか気づきにくい場合もあります。周囲が気付かないことも原因で本人も病気が重症化してしまうことは避けたいところです。さまざまな被害が大きくなる前に、そうしたサービスを利用して、トラブルやリスクを防ぎ、スタッフの健康サポートを徹底していきましょう。